鋳物ケーシングの現物をX線CTスキャンを利用して内部形状までCAD化します。

X線CTスキャン、鋳物ケーシングのCAD化事例

 

鋳物ケーシングの現物を3D-CTスキャンします。

渦巻きポンプ、空気ケーシング.、給水ポンプ外部ケーシング、減速機ケーシング、コンプレッサーの ケーシング、高圧タービングケーシング、 発電機用ケーシング部品、などのCAD化

 

コーンビーム方式 X線CTスキャン

Z方向に段差の無いデータを取得できます。

X線CTスキャンの精度 20μm (0.02)

隠れている部分、アンダー部分、裏側部分もスキャン可能。

製品の全体の形状データをCADで合成し3Dデータを作成します。

 

スキャニングデータからCADモデリング

鋳物ケーシングのスキャンデータを元にCADモデリングします。

鋳物ケーシングのサーフェスモデルの作成。

鋳物ケーシングのソリッドモデルの作成。(パラソリッド系向け)

フィチャーで平面、円弧、フレット等を作成します。

 

 

 

 

鋳物ケーシング

タービンやポンプ/コンプレッサーの ケーシング部品は、鋳物でなけらば作り出せません。ポンプのケーシングは、ハブに取り付けられた複数の羽根からなる回転から出た高速 流水を集めて、その速度エネルギーを圧力エネルギーに有効に換える役目をしています。鋳物製品は複雑な形状の型であっても隅々まで鋳鉄が行き渡り成形ができます。