シロッコファンの現物をX線CTスキャンを利用して3D-CADデータ作成

シロッコファンの3Dスキャン、シロッコファンのCAD化事例

 

シロッコファン の現物を3D-CTスキャンします。

樹脂製のシロッコファン現物をX線CTスキャンします。

入り組んだ羽根の部分まで精密に形状採取ができます。

3D-CADモデリングでシロッコファン 3D-CADデータ作成。

 

コーンビーム方式 X線CTスキャン

Z方向に段差の無いデータを取得できます。

X線CTスキャンの精度 20μm (0.02)

隠れている部分、アンダー部分、裏側部分もスキャン可能。

製品の全体の形状データをCADで合成し3Dデータを作成します。

 

スキャニングデータからCADモデリング

シロッコファン のスキャンデータを元にCADモデリングします。

シロッコファン のサーフェスモデルの作成。

シロッコファンのソリッドモデルの作成。(パラソリッド系向け)

フィチャーで平面、円弧、フレット等を作成します。

 

 

 

 

シロッコファン ( sirocco fan)

シロッコファンは円周上に多数の羽根を 取り付けた遠心送風機の一種。多翼送風機。回転方向にたいして多数の幅の細い羽根が取り付けられており、前向きに反ったブレイドが多数付き、あらゆる送風機に使用することができる。深型レンジフードや浴室換気乾燥機などによく用いられます。排煙の目的で設備されるダクト配管が必要な建物では、ダクト配管で自由な向きに排気することができ、プロペラファンに比べ風の影響を受けることも少ない。