プレス金型の現物を3Dスキャン|修正金型の現物から3DCADデータ作成|3DスキャンとCAD化のデータサービス

プレス金型の3Dスキャン、スキャニングからデータCAD化事例

 

プレス成型部品の現物形状を3Dスキャンします。

自動車部品、マフラー、フレームワークのプレス金型修正した金型のデータ化

プレス金型のデータベース化

プレス金型設計用のCADの製品モデルデータ作成。

プレス金型の検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

光学式非接触3Dスキャンと接触式3Dスキャン

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

金型設計でフィレットを付ける場合は折れ目は角出して作成します。

 

スキャニングデータからCADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 7万~15万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

プレス金型

組立・調整で金型の精度や寿命を大きく支配する。

プレスの金型の組立・調整工程は熟練技術と技能ノウハウが重要。

試抜きして期待通りの製品が出来ない場合は何度か修正される。

調整工程で手修正した場合は元のCADデータから形状がかわる。

手修正した金型をそのまま再CAD化することで2番型として利用できます。