3Dスキャンからのリバースモデルのデータファイル

三次元測定3Dスキャン

リバースエンジニアリングモデルのデータサービス

 

点群データファイル

3次元スキャナーで対象物の表面形状をスキャンして、多数の3次元点群の座標をデータファイルに出力する。 左右の各カメラ撮影画像を同時に独立して取り込むため、データは原則として物体表面の位置・形状を表します。 物体内部の状況を表現するためには、X線CTを使用します。点群データは、3Dスキャン計測による 品質管理、可視化処理、アニメーション、画像や画面の内容を指示するデータの集まり、カスタムメイドやオーダーメード 等に応用できます。製造された部品の点群データと設計上のCADモデルとの差を比較し検査ができます。両者の差異は視覚的に色彩の差として表示することができます。

 

ポリゴンデータファイル

三角形の頂点の座標と垂直方向の法線ベクトルによって定義されたカテゴリを表す インデックスフィールドの小さい三角形のポリゴンパッチの集合体で、立体を表現した データを保存するためのファイル形式です。法線ベクトルの設定を変えると、ポリゴンの数が変化するなどSTLファイル の解像度に影響が生じます。ポリゴン数が曲面の滑らかさや細かさを左右します。質の高いポリゴンデータは重くなります。

 

サーフェスデータファイル

サーフェスデータファイルは、3次元CADにおいて、表面のみが定義された3次元構造、 またはそれらを作成する目的のモデリング体系のことです。サーフェスモデルは中身が 詰まっていないため張り子、張りぼてとも形容されています。 3次元CADデータ作成やレンダリングにより画像を生成することが主目的の一般的な3DCGソフトウェアにおいては、 おそらく最もよく使われる方式です。

 

ソリッドデータファイル

CADデータの境界精度が良いため、中間ファイルに変換した時 データが壊れにくい。CAD同士の化けがない。サーフェスよりデータ量が少なく操作が軽くなる。3次元コンピュータグラフィックスやCADにおいて、体積を持った形状同士の和、差、積の 集合演算により造形ブーリアン演算(足し算、引き算)が出来ます。 干渉チェックが出来る、解折に使える、型のシュミレーションが作れるなど利点が多いデータです。