伝統工芸品の3Dスキャン|スキャンデータから3DCADデータ作成

伝統工芸品の3Dスキャン、スキャニングからCAD化事例

 

伝統工芸品の現物形状を3Dスキャンします。

伝統工芸品の形状データの採取。

伝統工芸品を3次元の非接触式デジタイジングで形状データを採取。

リバースエンジニアリング用専用ソフトウェアーで3D-CADデータを作成。

 

ATOS非接触式光学3次元デジタイザー

ATOSデジタイジングと完全にリンクしたローテーションテーブルに伝統工芸品の実物を載せて、自動回転にて伝統工芸品を移動させないで効率的なスキャンをします。各方向毎のスキャンデータは全てスキャンが終了後ソフトウェアーにて自動的に合成します。曲率に基づいたスムージング。

 

スキャニングデータからCADモデリング

伝統工芸品の3DスキャンデータからNURBSサーフェスを作成。複数のサーフェス群の間に滑らかなG、G2連続のサーフェスを生成。面の次数やポイント数の再構築、偏差値を確認しながら面の構成。

 

 

 

伝統工芸

造形芸術や日常生活の用に供され、手工業により製造された工芸品・骨董品など、まとめて美術工芸品と呼ばれています。美術品の多くは、当の作家でも、同じものを二つは作れない。工芸品は代々技術を伝承することで、弟子などほかの人が、まったく同じものを作ることが出来る。現在では大量生産も可能になっています。工芸品、絵画、彫刻、建造物、歴史資料、書跡、典籍、考古資料、建造物などは有形の文化財。

 

経済産業大臣指定伝統的工芸品
1.主として日常生活の用に供されているもの。
2.製造過程の主要部分が手工業的であるもの。
3.伝統的技術または技法によって製造されるもの。
4.伝統的に使用されてきた原材料を使用していること。
5.一定の地域で産地形成されていること。