レリーフの3Dスキャン|スキャンデータから3DCADデータ作成

レリーフの3Dスキャン、スキャニングからCAD化事例

 

レリーフの現物形状を3Dスキャンします。

レリーフペンダント、原型から製作されている完全オリジナル品データ採取。

レリーフの原版を3次元の非接触式デジタイジングで形状データを採取。

リバースエンジニアリング用専用ソフトウェアーで3D-CADデータを作成。

 

ATOS非接触式光学3次元デジタイザー

ATOSデジタイジングと完全にリンクしたローテーションテーブルにレリーフの原版を載せて、自動回転にてレリーフ原版を移動させないで効率的なスキャンをします。1ショット測定後、形状全体のデータを取得します。各ショットの全ての測定データはATOSのソフトウェアーに取込み、アルゴリズムによって高精度に合成します。

 

スキャニングデータからCADモデリング

自由曲面レリーフは、NURBS サーフェスが適しています。NURBS サーフェスは曲線を始点、終点とそれぞれの方向点の4つの点の座標をもとした曲線または、複数の制御 点を通る滑らかな曲線で、隣り合う点に挟まれた各区間に対し、個別の多項式を用いたラインに基づいています。測定データから次数、フィット点、制御点、重み、ノット パラメータなどの設定してサーフェスデータ最適化します。

 

 

 

レリーフ (英語 relief、フランス語 relief ルリエフ)

美術の技能・技術の方法で作られた浮き彫りや浮き彫り細工。浮彫りとも呼ばれる平面を彫り込んで図像や装飾を表わしたもので芸術目的の他、歴史的事実の記録などの目的で彫られました。芸術的な価値のある作品、特定の人物の肖像を描いた絵、鋳造貨幣、高級家具、建築物 内外の装飾物や立体像、外装などに使われています。