恐竜造形のクレイモデルを3Dスキャン|スキャンデータから3DCADデータ作成

造形モデルの3Dスキャン、スキャニングからCAD化事例

 

クレイモデルの現物形状を3Dスキャンします。

恐竜造形師が製作した造形モデルの3Dスキャンからデジタルデータを作成。

柔かいクレイモデルの造形物を非接触式デジタイジングで形状データを採取。

リバースエンジニアリング用専用ソフトウェアーで3D-CADデータを作成。

 

ATOS非接触式光学3次元デジタイザー

2個のカメラで同時にスキャンの手順を定式化したアルゴリズムで実行。

センサー中央部にあるプロジェクタと左右カメラ撮影画像トリプルスキャン。

測定物に触れることなく表面状態と形状データを精密に3次元デジタル化。

 

スキャニングデータからCADモデリング

3Dスキャンデータから測定ポジションと点の3次元座標を計算した点群編集。

点群フィルタリング、ノイズ除去、点群データからポリゴンデータ編集。

ポリゴンデータから、稜線・ライン等のモデリングに必要な要素抽出・編集。

リバースエンジニアリング専用ソフトウェアーを利用し3DCADモデリング。

 

 

 

恐竜の造形

自然史系博物館等の恐竜復元模型製作には、恐竜造形師が作成した原型から製作されます。恐竜モデルは皮膚やシワなど細部まで作りこまれ、現実感のある本格的な恐竜が再現される。石発掘調査で発掘した恐竜の骨、足跡、皮膚痕化石などのレプリカ製作にわ原化石から型を取って製作されます。