3DスキャンデータからのCADモデリングについて

3DスキャンTOP測定機・計測機

3次元CADで設計することを、CADモデリングいいます。

 

3Dスキャンからモデリング

実物を3Dスキャン 点群データ 点群からポリゴン面を作成ポリゴンからサーフェス面を作成サーフェスを参照してCADモデリング(円弧、フィレット、、曲面、ボス、穴、平面等の定義)

 

出力のデータ形式

サーフェス IGES(一般の3DCADで利用可能)  ソリッド・X_T・X_B・STEP・ソリッドワークス(ソリッド系のCADでも使用可能)

 

 

 

サーフェスベース

3次元図形の線分と曲線 で表した構成のワイヤフレームに表面のサーフェスを貼り付けて立体を作る手法で作成した3次元CADデータの面のことです。枠に紙を貼り、形にしたハリボテ細工に例えると、骨組みがワイヤフレームで、貼り付ける紙がサーフェスに相当します。

 

ソリッドベース

固体状のソリッドを足したり取り除いたりして立体を作る手法。

 

集合演算(差)= 基の固体形状から複数の固体状を引いて、1つのソリッドを作成します。

集合演算(積)= 複数の固体形状の積をとって1つのソリッドを作成します。

集合演算 和= 選択した複数の固体形状の和をとって1つのソリッドを作成します。

面取り(エッジ)= 選択した固体形状のエッジの面取りを行います。

面取り(面)= 選択した固体形状の面にあるすべてのエッジの面取りを行います。

切り取り= 固体形状モデルのなかの既存の面に沿ってソリッドを切断します。

抜き勾配= 固体形状モデルの面に勾配角度を追加します。

フィレットエッジ= 選択した固体形状モデルのエッジのフィレットを行います。

フィレット 面= 選択した固体形状モデルの面にあるすべてのエッジのフィレットを行います。

フィレットソリッド= 選択した固体形状モデルのすべてのエッジのフィレットを行います。