3Dスキャンデータからリバースエンジニアリング技術により製品の現物から3D-CADデータを作成します。

3DスキャンTOP測定・計測

3DCAD化、3DCAD/CAM化、CAD製品モデル

 

現物からCADデータ作成

プレス金型等、試し打ちで、チューニングした金型のデータ取得、予備型の製作に利用。

予備型の石膏型を三次元CAD化、データベースとして保存。

CAD化することにより 管理や作業が容易になり省スペースで保存できます。

CAD化のメリット. 管理や作業が容易になり、データの修正、変更が容易にできます。

 

 

3Dスキャンは、自動車や家電業界そのほか様々な業界において、デザインから製品試作検査など、あらゆる製品開発用途で数多く利用されてきました。リバースエンジニアリング、品質管理、ラビットプロトタイピング、デジタルモックアップなど物作りの現場での利用が進展しています。ATOSのハイエンド非接触光学式3次元デジタイジングの利用により、スキャン対象物に触れることなく表面形状の点群データやポリゴンメッシュとして精密にデータを採取し3次元データ化します。工業製品のリバースエンジニアリングで幅広く利用されています。