チューニング金型の現物tを3Dスキャンし、取得したデータを基に3D-CADを作成します。

3DスキャンTOP測定・計測

プレス金型、ダイカスト金型、ブロー成形金型

 

修正された金型

試し打ちでチューニングした修正金型のデータ保存し予備型の製作に利用。

予備型の石膏型を三次元CAD化、データベースとして保存。

チューニング金型 3Dスキャン CADモデリング データベース化

 

設計どおり完璧な金型ができたとしても、金型のチューニングが不充分であれば完全な金型が出来ません。 プラスチック金型の場合、プラスチック材料の種類、収縮率、材料溶融温度、材料射出圧力、 金型温度、温度分布、冷却時間等をクリヤーするためにはチューニングをされています。

プレス金型は製作した金型が要求された図面通りできるか試し打ちをします。ここで結果を測定して、現状を把握し、問題を検討し、部品を調整する等のチューニングを繰り返して完成されます。手修正した金型を3Dスキャンで形状データを採取することにより、データベースとして2番型、更新型等に利用できます。