アナログ型の実物形状をデジタル化

3DスキャンTOP測定・計測

サーフェス、ソリッド、IGES、STEP,X_B、X_T

 

各種のCAD変換

現物形状を3DCAD化、NC自動機での切削加工へ移行できます。

現物形状を3DCAD化、拡大、縮小、回転、変形等ができ応用範囲が広がります。

CADデータは、サーフェス系、ソリッド系の2種類データ出力できます。

 

3Dデータから2Dデータ

3DCADデータら2DCADデータの変換は、投影図、断面図になります。

 

3次元CADは実際に製品を作るための設計ソフトウェアー。製品を作る場合、設計されたデータを基にコンピュータの画面の中で対象物を動かしたりし形に不都合がないか、部品どうしや部品とハウジング等の干渉をチェックしたり、形に不都合がないか、強度に問題がないかをCAD上で計算をすることが可能になります。

 

3次元のソフトウェアーでは大きく分けて3D-CADと3D-CGの2つがあります。3D CADは立体の曲面なども点 単位で情報を 持っているため、3D CGと比べて正確な寸法・図面を認識できます。 工業用製品の製造に多く用いています。3D-CGはゲームソフトウェアー等で使用します。3D-CGは三角メッシュのポリゴン面のデータから成り立っています。3D-CGデータをCADデータにする場合は、CADソフトウェアーでポリゴンデータを読み込み、ポリゴン面から特徴線などを抽出してCADモデリングでCADデータを作成することができます。CG画像から量産用の型をつくるために利用します。