3Dスキャンデータからのリバースエンジニアリング

3DスキャンTOP測定・計測

3Dスキャン ⇒ サーフェスモデル作成 ⇒ CAD作成

 

3Dスキャンのサーフェスモデルから製品の機構部分を作成

1、3Dスキャンの点群データから面を作成するため、ボス、ボア、リブ、フレット等全て自由形状。

2、自由形状のため、機構部分及び意匠面等で、数値でCADモデリングする必要があります。

3、面の延長で稜線出ししてフレットを作成、ボスの垂直修正、平面修正などモデリングします。

4、製品の変形・誤差を見る解析には自由形状の面でインスペクションすることがあります。

5、必要に応じたCADデータを作成します。

6、スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

7、ソリッド形状でCAD化します。

 

3Dスキャン点群編集ポリゴン編集特長線抽出CADモデリング出力 IGES・パラソリッド
    

 

 コンピューターによって設計を支援してもらうCAD「Computer Aided Design」の3D CADソフトウェアーを使用して3Dデータを作成するCADモデリング。

 

(押し出し) 2次元の断面形状を押し出すことにより、立体的な垂直な体積のある3次元形状作成。

(回転)2次元の断面ラインを指定する軸を中心にしてラインを回転させることで立体形状を作成。

(回転)円を直径を軸に回転させると球を作成。円の外に軸を指定し回転させドーナッツ型を作成。

(スイープ)断面形状を指定した軌道に沿って、押し出すことで滑らかな曲線を描く形状を作成。

(ロフト)断面から形状の違う別の断面へと形状が変化する押し出しを行い形状を作成す。

(フィレット)角形状などに丸みをつけることが出来ます。

(ボス)突出形状を作成します。

(リブ)くり抜かれた筐体の強度を上げる際に使用される板状の形状を作成します。