実物形状を3Dスキャン|スキャンデータからサーフェスモデル作成

3DスキャンTOP測定・計測

3Dスキャン ⇒ CAD化 ⇒ CADサーフェス作成

 

3Dスキャンニングデータからサーフェス面を作成

1、3Dスキャンデータは点群(ポイント)でランダムの3D形状になっています。

2、ポイントの編集、余剰点群の削除、点群の均一化等の処理作業を行います。

3、ポイントの3点を結びポリゴン面を作成。ポリゴン面は光造形で使用可能です。

4、ポリゴン面の上にラインを引きサーフェス面を作成します。

5、サーフェス面からCADモデリング(機構部分・フレット・平面)サーフェス面を完成。 

6、スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

7、ソリッド形状で3DCAD化します。

 
3Dスキャン⇒点群 ⇒  ポリゴン⇒ 特長線抽出 ⇒ モデリング・サーフェス
      


ATOS光学式3Dデジタイズでリバースモデル作成
スキャンする対象物上にセンサ・ユニットは異なるフリンジ・パターンの明暗 模様を画像処理し、画像相関法と呼ばれる原理を用いてパターンマッチングの要領で変形前後の同一各点を特定し全体を合成します。 光学イメージ方程式(校正)を基に、コンピュータは自動的に高精度でスキャンされたサーフェイスのそれぞれのカメラ・ピクセルから3次元座標を計算します。ATOS光学式3Dデジタイズで採取したデータを基に専用ソフトウェアーでサーフェスモデルを作成します。リバースエンジニアリングのデータサービス。