鋳型の現物を3Dスキャニング

3DスキャンTOP測定機・計測機

鋳型部品 ⇒ 3Dスキャン ⇒ CAD化 ⇒ CADモデリング

 

鋳型の3DCAD化、よくある事例

1、再製作で図面ない場合に既製品からデータを取得しCAD/CAMで型を製作。

2、職人が作成した木型を3DCAD化、CAD/CAMで型を製作。

3、職人が作成した倣い型を3DCAD化、CAD/CAMで中子の型を製作。

4、職人が作成した型を3DCAD化、データベース化して技術の伝承。

5、破損した型を3DCAD化、CADモデリングで修正、CAD/CAMで型を再製作。 

6、スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

7、ソリッド形状で3DCAD化します。

  

 

鋳造工程でATOS 3Dスキャナによる、砂型鋳造、圧迫鋳造、精密鋳造のすべての鋳型に 利用されています。模型や型のの造形から、鋳型や中子造形、初期サンプルテストレポート やCNC機械加工の最適化まで多岐にわたります。鋳造/鍛造パーツに加えて、模型、鋳型、重力金型、砂中子、砂型をATOS 3Dスキャナによって完全に非接触で測定できます。