機械部品のを3Dスキャニング

3DスキャンTOP測定・計測

機械部品 ⇒ 3Dスキャン ⇒ CAD化 ⇒ CADモデリング

 

機械部品の3Dスキャン、よくある事例

1、破損した特殊な機械部品をCAD化、CADモデリングで破損部分を修正、CAD/CAMで製作。

2、調達に困難な特殊部品(海外製品、生産中止)を3DCAD化、CAD/CAMで製作。

3、職人が作成した部品を3DCAD化、CAD/CAMで量産体制。

4、職人が作成した部品を3DCAD化、データベース化して技術の伝承。

5、図面ない場合に既製品からデータを取得しCAD/CAMで生産。

6、スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

7、ソリッド形状で3DCAD化します。

 

 

お客様の仕事内容に深く理解し、要望にあわせたオリジナル機械、世界に一台のオーダーメイドマシンなど 特殊機械部品もオーダーメイドになります。そのため特殊な部品の再製作には現物をスキャンして行うリバースエンジニアリング技術を利用されます。製作に困難な特殊部品は前もって3Dスキャンしてデータベース化しておくと、いざという場合に有効になります。