電気機器部品の現物形状を3Dスキャン

3DスキャンTOP測定・計測

電気機器部品 ⇒ 3Dスキャン ⇒ CAD化 ⇒ CADモデリング

 

電気機器部品のスキャニング、よくある事例

1、電気機器のハウジングの実物形状をCAD化して内部の設計に使用。

2、既製品から形状データ取得して作成したCADデータを構造解析に利用。

3、既製品から形状データ取得して作成したCADデータを生産に利用。

4、図面ない場合に既製品からデータを取得し三次元CADを作成。

5、他社との比較、研究、解析

6、スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

7、全体をスキャンしてパーツ別に分割できます。

 

 

電気機器製品もリーマンショック以降、生産拠点の海外移転が急速に進行。中国やア ジアでの集中生産や地産地消の製品が増加してきている現状において、一方国内の ものづくりが再評価される中で、日本ならではの「ものづくり」に注目されています。 製品全体の競争力を左右するコア部品やハイエンド製品など生産性や高付加価値製品の生産を実現が進んでいます。