自動車部品の現物を3Dスキャン

3DスキャンTOP測定・計測

自動車部品 ⇒ 3Dスキャニング ⇒ CAD化 ⇒ CADモデリング

 

自動車部品のスキャニング、よくある事例

1、木型、倣い型を、3DCAD/CAMに移行してNC機械で製作。

2、木型、倣い型を、三次元CAD化してCADモデリングで変更修正。

3、木型、倣い型を、三次元CAD化してデータベースを作成、次の設計に役立てる。

4、既製品から形状データ取得して作成したCADデータを生産に利用。

5、既製品から形状データ取得して作成したCADデータを構造解析に利用。

6、図面ない場合に既製品からデータを取得し三次元CADを作成。

7、スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

8、全体をスキャンしてソリッドデータにします。

 

 

 

東南アジアの需要も旺盛に需要地に近い現地生産の拡大によって対応する流れは、部品メーカーも国内から海外へと移さざるをえない状況において、複数の部品を組み合わせたブロック単位で切り分ける複合部品の 同じモジュールを使用するという取り組みが進んでいます。世界の自動車産業部品の共通化図れています。共通化の過程で、現物部品を3Dスキャン等でCAD化することで効率の良い部品設計を図られる例もあります。