既製品から3Dスキャニング|現物からCADモデリング

3DスキャンTOP測定・計測

既製品、完成品のスキャニング

 

図面がない、データがない場合、製品のサンプルがあれば、製品から3次元データができます。

 

3Dスキャンデータに忠実なCADデータ

maru 3Dスキャンで取得された点群をつなぎ3DCAD面を作成します。(再現精度0.05範囲)

成型時の変形などそのままCAD面になります。

製品解析などの形状評価に向いていますが、金型用の製品モデルには修正が必要です。

 

3Dスキャンデータから金型用CAD製品モデリング作成

ポイントデータから作成したポリゴン面を参照してCADモデリングします。

変形、歪みなどの修正、平面・垂直・R・円・角・フレットなどは数値入力で定義をします。

金型用のCAD製品モデルとして利用できます。

変形を修正するため、構造解析、形状評価などには不向きになります。

 

 

図面が提供されない更新型、生産が終了した部品、古い設備や機械で図面の無い部品、破損した金型などの製作に3Dスキャン データの活用が有義になります。製品の現物を3Dスキャンし、採取したデータを基に3D-CADを作成します。