3Dスキャニングからソリッドデータを作成|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

3DスキャンTOP測定・計測

ソリッドモデルとは

 

ソリッドモデル

ソリッドモデルは、中身の情報を持った、中身の詰まったCADモデルです。

立体面の集合体、CAD上で使われる立体表現の一つでの3DCADデータです。

重心を求めたり、物体の体積や重さ、断面を表示したりすることができる。

学術研究、工業製品の設計等の分野で使われることの多い方法です。

  

 

 

 点群データー ポリゴンデーター特長線抽出モデリング・サーフェス作成 ソリッド

 

デザイン性が 重視される製品の筐体などにおいて、CADのソリッドモデルが多く利用されています。柔軟な自由曲面の形状の作成には、アナログのモデルを3Dスキャンし、スキャンデータからリバースモデルを作る方法が取り入れられています。

 

ソリッドデータ、

3次元形状の内部情報を持つためオブジェクトの集まりから計算することが可能。
3次元形状の幾何形状を認識できる。
3次元形状間の衝突チェックが可能。

3次元形状のデータ構造が簡単でかつ、生成手順を示すことができる。
3次元形状のソリッド生成過程での形状の変更が容易。
3次元形状ソリッド形状の妥当性と形状精度が保証される。
数式で保持しているため描画が遅い欠点がある。
複雑な処理を行う場合、数式間の演算 が発生し処理時間を要することがある。
自由曲面を数式立体として持つことが困難の場合がある。