製品のスキャニング|,形状の解析用データ取得|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

3DスキャンTOP測定・計測

製品の構造解析とは

 

構造解析

① 製品の安全性、品質管理を目的として製品解析を行われています。

② 自動車産業、機械産業、電機機器産業、精密機器産業等の全製造業分野において行われます。

③ 製品解析には形状モデルが必要です。

 

製品を解析をするには、実物をCAD化する必要があります。CAD化する方法として、製品を3Dスキャンタイジング 形状データを取得 データからCADデータを作成 解析のソフトウエアでインポトできるファイル形式で保存(IGES パラソリッドなど)以上の工程を経て解析用の形状データを作成します。

 

 

工業製品や部品の構造解析において製品開発では、製品の強度の検証、製品の信頼性高め消費者に提供することが必要不可欠です。そのため、製品に対して、あらゆる方法を用いて使用環境下を想定し、高温強度、耐震強度、疲労強度、座屈強度、衝撃強度、構造物強度試験技術と解析技術を駆使した強度評価を行われます。