3Dスキャン,CAD出力|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

三次元測定測定・計測

スキャンデータのサーフェスモデル出力形式

 

各ソフトウェア ー向けに出力します。

Solidworks   パラソリッドベースモデラー    その他各種ソフトウェアー 

IGES   X_T   X_B   STEP   STL  

 

光造形向けのデータ出力 3Dプリンタ向け出力 

各種造形機向けポリゴンデータ STL形式出力

 

 

①3Dスキャンデータ
ポイントデータ
出力形式 IGES



②ポリゴンデータ
3点の頂点を結んだ
出力形式 STL


③特徴線抽出
パラメータ化
計算処理作業

④モデリング
サーフエス作成
出力形式 IGES


⑤3D-CADデータ
金型設計・型設計
等に利用できます

 

ラピッドプロトタイピング( rapid prototyping)

製品開発で用いられる試作手法である。製品のデザイン、見た目の質感、使用した時の感覚など、定量化が難しい項目について試作品の製作を必要されています。新製品の発売のサイクルの短期間化に伴い、試作品の製作の期間も短縮する必要が高まり試作品の早期に作成する手法として敏速(rapid)に試作(prototyping)することを目的とした、ラピッドプロトタイピングが手法が用いられています。3Dプリンタの普及が開発現場を中心に急速に進み、様々な用途で使われています。

 

3Dプリンター(3D printer)

3次元CAD、3次元CGデータを元に3次元のオブジェクトを造形する機器。モノづくりの現場に革命を起こす技術として注目されている産業用ロボットの一種。三次元空間に樹脂などを何層にも積み重ね、デジタルデータを3次元造形物として実体化・可視化することを3Dプリント、3Dプリンティングなどといわれています。モックアップの製作、試作の合理化、製品の機構の確認等に利用されます。

 

光造形

紫外線を照射することで硬化する液体樹脂を用いたラピッドプロトタイピングや3Dプリンターに使用される技術。レーザーで断面が露光され、硬化した層は順番に重ねられ、積層してスケールモデル やプロトタイプやパターンを作成する。電化製品や日用品など量産する製品の試作品、自動車等のエンジン開発などの試作品、医療分野における 臓器や骨格のモデルなど、幅広い分野で用いられます。

 

粉末造形

粉末を層状に敷き詰め、高出力のレーザービームで粉末焼結式積層を直接焼結する。インクジェット方式で物と物を接着する物質のバインダを添加して固めたりする、粉末固着式積層で造形を行われる。ナイロンなどの樹脂系材料、青銅、鋼、ニッケル、チタンなどの金属系材料なども利用できるため、開発現場で普及しています。