モデラーで作成したポリゴンデータから3DCADモデリング|

三次元測定測定・計測

ポリゴン面からCADデータ作成の内容

 

STL形式データ(ポリゴン面)からサーフェス作成

1、フリーフォーム等のソフトで作成したポリゴンデータを3DCAD化。

2、自由曲形状はオートの面、機構部分はモデリング面、両方を融合します。

3、サーフェス面を作成。出力フォマット形式 igs  一般のCADで使用できます。

4、ソリッド面を作成。パラソリッド出力 X_T X_B  ソリット系CADで使用できます。

5, 光造形のデータ(STL形式)をCAD化することで、製作範囲が広がります。

 

 

 

 

デジタルモックアップ

粘土をこねて試作品 をつくるような手触り感覚のデジタルモックアップ。デザイナーが具体的な形状にデザインし、それに基づいてデジタルモックアップの装置を使い、実物大模型をつり解析等を行われます。デジタルモックアップのデータ上で、重量感や使い勝手あるいは組立時の干渉などを検討する方法も進み 実際の模型を製作しないため、リードタイム短縮やコストダウンが可能です。