3Dスキャン|点群データの編集余剰点、ノイズ点を除去し効率よい点群データにします

3DスキャンTOP点群データ

3Dスキャニングから点群座標を取得

 

点群(ポイント)データ

1、座標点の点群データは、ポイントデータの集合体です。

2、点群データはデータ量が多くなるため、余剰点、ノイズ点を除去し効率よい点群データにします。

3、平面などの単形状部分はデータ量が少なく、曲率部分はデータ量多く、なります。  

3Dスキャンした点群データは宇宙の星のように宙に浮いた状態のため基準となる絶対座標の設定が必要になります。CAD編集の移動でXYZの座標系の設定を行います。コンピュータで扱う点の集合体です。空間は3次元であり、直交座標 (x, y, z) で表現されます。対象とする図形や物体の対称性を記述するために用いられる記法の一つです。

点群事例  ダイカスト   ハウジング   インペラプロペラ  インストルメント・パネル  恐竜のモデル   

  

 

点群データで形状検査

3Dスキャンは、対象物の表面の位置・形状を表します。点群はそのままシミュレーション、することができます。 部品の検査等に利用されています。製造された部品の点群データと設計上のCADモデル との差を比較し検査するインスペクションの利用があります。元のCADデータと出来上がった製品の差異を視覚的に色彩の差として表示することができます。点群のままでは各種の3D-CADで使用するには、点群データからポリゴン面作成、ポリゴン面から3D-CAD面を作成する必要があります。

元のCADデータとスキャンデー 重ね合わす    カラーマップ     誤差表示     幾何公差表示