3Dスキャン|カメラ式&X線CTで現物をデジタル化|リバースエンジニアリング技術のご案内

3Dスキャンの概要

現物の製品等を各方向からスキャン

形状の点群(ポイント)データ採取

共通座標点に合わせ3Dデータ合成

点群を結び、ポリゴンメッシュ生成
CADモデリング用、特徴線等を抽出
モデリング機能利用してモデリング
サーフェス作成、密封ソリッド作成

提出、IGES・パラソリッド・STEP

3Dスキャンにより形状のデータ化、 見える化します

 

3Dスキャンの活用事例

2番型作成のための3Dデータ作成

デザインクレイモデルCADデータ化

製品の開発期間の短縮、コスト削減

流体シミュレーションにおけるCAD化
各種複合材の3次元形状の歪の測定
製品の技術的問題に対する原因対策
品質管理によるパフォーマンス向上

3次元CAD間比較、断面ベース解析

リバースモデル事例、プレス品、金型、 鋳造品、鍛造品、射出成型、ブロー成型

 

サーフェス&ソリッド

リバースエンジニアリングのCAD面
点と点を結んだサーフエス面で作成
3DCADモデリング機能でモデリング
フィレット、回転コピ-、引出等で作成
自由曲面形状は、ナーブス面で作成
サーフェス面を密封してソリッド変換
サーフェス系CAD出力、IGES形式
ソリッド系CAD出力、X_B、STEP形式

リバースエンジニアリング用途に適した 高再現性データ作成

工業モデルのデジタル化

工業デザインモデルの3Dデータ化
ワーキングモデルのデジタル化
機構的な機能・性能用CADデータ
取付け位置の関係確認用データ
駆動部品の干渉チェック用データ
クレイモデルからのCAD設計
職人の技をデジタル化・数値化
既製品の解析用CADデ-タ

試作モデル、意匠モデル・モックアップ、外観デザインモデル

 

金型の現物から3D-CAD作成

既存の製品から3D-CADデータ
図面やモデルデータがない型製作

製品図面が存在しない金型製作
修正したプレス金型のデータ保存
金型の複製・2番型用保存データ

現品製品しかない復刻の量産型製作

曲線の自由形状が多い美術品型

倣い加工では困難な繊細型製作

プレス金型のデジタイズ、2番型のデジタイズ、鋳型のデジタイズ、既製品のデジタイズ

美術工芸のデジタル化

美術工芸のデジタルデータ
美術品や工芸品のレプリカデータ
美術・工芸の3D デジタルデータ
彫刻レリーフ作成用のデータ作成
ブロンズ像作成用のデータ作成
文化財模写,展開用のデータ作成
キャラクタ作成用のデータ作成
フィギュア、仏像、陶器、石膏型等

デジタルアーカイブ

 

 

ATOS非接触光学式3Dスキャン

 

・高い技術力で開発されたドイツGOM社製測定システム、産業工業向け非接触光学式3次元スキャナー・非接触光学式。

・高精度非接触光学式3次元スキャニング、工業製品の複雑で微細な対象物を細かく精密に3次元スキャンが可能です。

ATOSは自動車や家電業界など様々な業界において、デザインから製品試作検査、製品・開発等で利用されています。

・ATOSの工業向けの非接触光学式3次元デジタイタイザーを利用したリバースエンジニアリング
  <詳細ページ>


   

 

 

X線CTスキャン(工業用

 

・X線CTシステムにより非破壊で工業製品内部の形状データ採取、製品内部の欠陥検査、空間構成確認、各種解析可能。

・対象物の素材、スキャンデータの用途よりX線発生装置を選択。スペック225kV出力・450kV出力・600kV出力。 

・X線CTスキャンデータから3D-CADモデリング。リバースモデルデータの出力形式、IGES X_B X_T STEP STL。

   

対象物の現物をX線CTシステムにて内部までの形状データ採取⇒ポイント(点群)データからCADモデリングで作成。

 

 

  

3Dスキャンのプロセス

 

①製品の現物を3Dスキャン 対象物の状態によりスキャンシステムを選択 (光学式装置・産業用X線CT装置)

 

②対象物の正面、側面、底面の各方向から非接触式スキャン又は産業用X線CT装 (点群データ収集)

 

③各方向からのスキャニングデータの同座標点でつなぎ合わせて3次元形状に合成 (立体形状の元データ編集)

 

④3Dスキャンデータはポイントデータの集合体です、点群の集合体として3次元表示 (IGES形式で出力可能)

 

⑤ポイントデータのノイズや余剰点を整理して効率良い点群データに編集 (線状化、間引き)

 

⑥ポイントデータからポリゴン面を作成。ポリゴン面データは光造形機、3Dプリンターなどで利用可能 (STL形式)

 

⑦ポリゴン面からサーフェスデータ及びソリッドデータの作成。CAD間の互換性を考慮して作成 (CADモデリング)

 

⑧データの出力形式 サーフェスデータ(IGES) ソリッドデータ( X_T  X_B  STEP)etc7 (3D-CADデータ)

 

  非接触式3Dスキャン   X線CT3Dスキャン   点群データ収集  3DスキャンデータからCADモデリング  

 

 

 

工業業モデル・インダストリアルデザインの3Dスキャンから3D-CADデータ作成

 

工業的に生産される工業製品の使いよさをデザインすることをインダストリアルデザインいいます。食器、電化製品

 

自動車、食品・化粧品・洗剤等のパッケージ、梱包材、包装材、台所・風呂・トイレなど水まわりの製品、玩具・文房具

 

雑貨等、生活用品・消費財のデザイン産業自動車、産業機械、公共の乗り物(電車・飛行機・船)の製品、部品等。

 

<工業デザイン・生産デザイン・工業意匠・機器意匠・意匠設計・工業設計・機械設計・製品設計等に・3Dスキャン>

 

 

モックアップモデルの3Dスキャンから3D-CAD試作データ作成

 

製品の実物大模型やスケールを拡大・縮小したスケール模型などがあります。デザイナーがクレイ、紙、木質系素材、

 

発泡スチロール、セルコアなどによって制作します。クレイ、紙、木質系素材、樹脂、発泡スチロール等、従来からの

 

アナログモデルをCAD/CAMに移行するにはデジタル化が必要になります。


3Dスキャンでアナログモデルをデータ化、スキャンデータからCADモデリングで3D-CADに移行する事ができます。

 

また量産体制の3D設計又は形状の解析ができます。

 

CGモックアップや3次元のコンピュータグラフィックで製品の仮想モックアップモデル等。CGモックアップデータ形式は

 

ポリゴン面(STLデータ)で3D形状を表現しています。ポリゴン面は3Dプリンター等で使用可能ですがCAD編集が

できません。CGモデルをCAD/CAMに移行して金型製作するにはCADでモデリングする必要があります。

 

 

デザインモデルの3Dスキャンから3D-CADデザインモデル作成

 

デザインモデルには製品の見た目やサイズ確認のための外観検証モデル、使い勝手、使用感動作機能を確認する

 

ワーキングモデル等があります。絞り込んだデザインモデルは何度もの手修正が入り、元データと形状が変わります。

 

完成モデルを生産用にするために、完成モデルからCADデータを作成します。

 

コンピュータグラフィックで製品の仮想モックアップモデルがあります。CGモッアップ等はポリゴンデータのため一般の

 

CAD/CAMでは使用できません。CGモッアップデータからCAD/CAM用のデータを作成します。

 

<クレイモデル・紙質モデル・木質系素材モデル・樹脂モデル・発泡スチロールモデル・CGモデル等に・3Dスキャン>  

  

 

  

 

  3Dスキャンとリバースエンジニアリング  

アナログから
デジタルへ
X線CTスキャン
内部形状採集
現物形状の
スキャニング
スキャンデータ
からのモデリング
ポリゴン面
三角パッチ
サーフェス面
表面形状
3Dスキャン
デジタイジング

 

 

スキャン・・・詳しく調べる、スキャナの機能を利用して原稿を読み取り、デジタルデータに変換し、コンピュータに保存することなどをスキャンといわれています。スキャナーを用いて印刷物、写真などを光学的に読み取り画像変換するのは2次元のデータです。

2台のカメラで立体的にスキャンすることにより3次元データに変換することが出来ます。物体の現物を3次元データとして、コンピュータに取り込むことができます。物づくりの現場において製品解析や金型造りなどにデータの活用されています。
3Dスキャンとリバースエンジニアリングのデータ作成のデータサービス会社 アポロ株式会社

テスト